地上デジタル放送

地上デジタル放送は、普段視聴しているテレビ放送(地上アナログ放送)をデジタル方式に変えた放送です。2003年から関東・関西・名古屋で試験放送が実施され、全国展開中です。地上デジタルを略して「地デジ」とも呼びます。「フルセグ」とも呼びます。

2011年7月24日(平成23年7月24日)に、アナログ放送は終了します。これは、テレビの寿命を元に定められました。地上デジタル放送になると、以下の特徴があります。

  • * デジタルハイビジョン(HDTV)などの高画質で高音質
  • * 多チャンネル(1チャンネルにさらに複数の情報提供)
  • * 電子番組表や番組の内容などデータ放送を受信可能
  • * クイズやアンケートなど番組に参加できる双方向機能・ 高齢者や障害者向けの番組を提供
  • * 外や移動中でも携帯電話や車載機などでチラツキの無いきれいない映像を受信可能

デジタルカメラ、携帯電話(デジタル方式)など、デジタル方式の家電製品が普及してきています。テレビもいよいよその流れに対応してきました。最近流行の液晶テレビ、プラズマテレビ、リアプロジェクションテレビなどは、地上デジタル放送に対応しています。アテネオリンピックなどの大きなイベントにより、地上デジタル放送に対応したテレビが普及し始めています。

下は、地上デジタルテレビ放送対応機器に貼られるロゴマークです。カラー用と単色用です

chideji_black.jpg
chideji_color.jpg

地上デジタル放送の携帯電話向けは、ワンセグ(1セグメント放送)と言います。

地上デジタルをAmazonで検索する。
地上デジタルを楽天で検索する。
地上デジタルをYahoo!で検索する。