ワンセグとは

ワンセグとは、地上デジタル放送のモバイル機器向け放送のことです。地上デジタル放送の番組が、携帯電話などを使って、外出先・通勤途中で楽しめるサービスです。1セグメント放送、1セグ放送とも言います。2006年4月1日より放送が開始されました。

地上デジタル放送では、一つのチャンネルが13セグメントに分かれた構造になっています。そのうち、ハイビジョン放送(HDTV)では12セグメント、標準画質の放送(SDTV)では4セグメント割り当てられています。モバイル機器(主に携帯電話)向けは画面が小さく低画質・低音質でよいため、1セグメント割り当てられており、1セグメント放送と呼ばれます。2005年9月末、1セグメント放送から正式にワンセグというサービス名称に決定した。持ち運びできる新しいメディアとして期待されています。

ハイビジョン(HDTV) ■■■■ ■■■■ ■■■■ 12セグメント
標準画質(SDTV)   ■■■■ 4セグメント
ワンセグ       ■ 1セグメント

通常のテレビとの違いは、移動しながらでもテレビ映像が乱れずに受信できることです。また、地上デジタル放送と同じく、番組に関する情報を配信するデータ放送もあります。

番組はサイマル放送です。通常画質やハイビジョン放送の番組を携帯電話向けに流すように定められています。ニュースや天気予報が主に視聴されそうです。将来サイマル放送がなくなり、ワンセグ専用のドラマも放映も可能性としてあります。NHK朝の連続テレビ小説のような短時間ドラマなんかいいかもしれません。

受信する機器は主に携帯電話です。携帯電話でワンセグを受信できるよう携帯電話会社・メーカーで開発中です。auが2005年12月16日au W33SAを発売、NTTドコモはNTTドコモ P901iTVを2006年3月に発売した。また、iPodなどの音楽プレーヤー、ゲーム機ニンテンドーDSなどでも受信できるようになってきています。これら受信する機器を通称ワンセグモバイル(ワンセグ対応端末)とも呼ばれています。


ワンセグ ニンテンドーDS

受信料は、地上デジタル放送に沿うので別途費用は発生しない。NHKは受信料を払っている前提で無料、民放は広告収入というビジネスモデルなので無料です。

受信エリアは、基本的には地上デジタル放送を開始している地域になります。

ワンセグをAmazonで検索する。
ワンセグを楽天で検索する。
ワンセグをYahoo!で検索する。