地上デジタル放送

地デジでいくらでもコピー可能!地デジチューナーをハッキング

一昨日より、巷で大変話題になっております。

テレビ番組の録画では、世界で最も著作権に厳しい日本。ようやくコピーワンスからダビング10に移行して、少しやユーザーの使い勝手が良くなりそうという矢先、一人のハッカーが見事に既得権益者の抵抗を打ち破りました。

SKnetという日本企業が発売するPC用地上デジタルチューナー「MonsterTV HDUS」に、あるドライバを上書きするだけで、録画した地デジの番組をいくらでもコピーが可能になるというものです。

MobileHackerz
http://mobilehackerz.jp/contents/Software/cap_hdus

録画の新ルールの呼称「タビング10」に決定

総務省情報通信審議会で提案されたデジタル放送の録画の新ルールについて、JEITAは、新ルールの普及啓発を図るために適切かつ簡潔な呼称が必であるとの認識から、関係事業委員会およびコンテンツ保護検討委員会にて検討し、呼称を「コピー9回+ムーブ1回 (ダビング10)」に統一すると発表した。

・地上デジタルチューナー搭載HDD内蔵録画機(PC含む)が対象、HDD日等採録が機ではダビング10とはならず、従来どおりの動作となる。
・現行販売されている録画機はダビング10には対応していない。ダビング10に対応した危機と放送局の対応がそろって初めて可能になる。
・ダビング10で使用できるメディアはARIB技術資料で求められるコンテンツ保護法式(CPRM、AACSなど)に対応していることが必要です。

地上デジタル放送完全移行まで残り1500日!2011年7月24日に終了

今日、2007年6月15日。

現行の地上アナログ放送が終わり、

地上デジタル放送へ完全移行する2011年7月24日まで、残り1500日となった。

一歩一歩着実に地上アナログ放送の死が近づいている。
家のテレビだけでなく、カーナビのテレビだって見えなくなる。
まだ4年後の話しですが、もう4年後の存在でもある。

地上デジタル放送対応テレビの世帯普及率は、平成18年3月時点の古い情報で15%。
(最近の情報が見つからない・・・)
スマップの草薙剛がCMに登場して認知度向上作戦中です。

地上デジタル放送対応の大画面薄型テレビ、液晶テレビとプラズマテレビの買い替え需要は高い!
我が家にもついに地デジ対応液晶テレビを導入済みです。

au、「au Shopping Mall」で放送通信連携型テレビ通販サービスの提供

KDDI株式会社、ジャパンケーブルネット株式会社、株式会社トライステージ、株式会社ユビキタス・コアは、テレビ通販番組とauのオンラインショッピングサイト「au Shopping Mall」を連携させた新たなビジネスモデル構築に向けたトライアルを本年2月21日~8月末まで実施する。

トライアルでは、ケーブルテレビや地上波放送で放映される通販番組において、「au Shopping Mall」内の商品購入ページへのアクセス方法を告知することにより、番組の視聴者が現在の一般的な購入手段である電話受付に加え、モバイルインターネット経由で紹介商品をご購入いただけます。

地上デジタルのネット配信へ 通信10社が協議会設立

フジサンケイビジネスアイ4月20日より、KDDIとソフトバンク,NTT東西のほか,アイキャスト,オン・デマンド・ティービー,オンラインティーヴィ,クラビット,ビー・ビー・ケーブル,ぷららネットワークスは、地上デジタル放送を光ファイバーで再送信可能を目指して「役務放送利用協議会」を設立。竹中平蔵総務相に要望書を手渡した

都営地下鉄で地上デジタル放送の受信実験

東京と交通局が都営地下鉄で地上デジタル放送の実験を行う。

東京都交通局ではこのたび、地下鉄における地上デジタル放送の受信実験を行うこととなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。
この実験は、地下空間において地上デジタルテレビ放送を受信する上での技術的な課題を解決するため、在京テレビ局、携帯電話メーカー、システムメーカー等が参加して行うものです。
都営地下鉄では全線でAMラジオの受信が可能となっていますが、これ以外の災害時の情報提供手段として地下鉄内におけるテレビ受信の早期実現が期待されます。

1. 期 間
平成18年2月1日(水)~ 平成18年3月31日(金)

2. 場 所

地上デジタル放送、視聴可能エリア約8割へ

フジサンケイビジネスアイより、2003年12月1日に東京タワーからの電波発信で放送を開始したデジタル放送は、三年目に突入する今月から同タワーの送信出力が十キロワットに引き上げられ、フルパワーによる放送に移行。

関東地方の世帯の9割を超える約1500万世帯で視聴可能、全世帯の約8割に達する見込みだそうです。

impress 地デジがフルパワーで、「全国普及へキックオフ!!」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051202/gdb.htm

D-pa ニュースリリース
http://www.d-pa.org/information/info_051201.html

総務省 地上デジタルテレビジョン放送中継局ロードマップの公表
http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/051201_4.html

女子アナ6人、今度は浴衣で「レッツ地デジ」

地デジ推進月間に「レッツ!地デジ'05夏」を展開[impress]
女子アナ6人、今度は浴衣で「レッツ地デジ」[ITmedia]
「レッツ!地デジ'05夏」(地上デジタル推進月間)における地上デジタル放送の周知広報の展開について[総務省]

全国地上デジタル放送推進協議会(全国協議会)および地上デジタル放送推進協会(D-PA)は、地デジ普及に向けたPR活動を展開だそうです。NHKと民放キー局5社の女性アナウンサー6人でPR。

今まで「デジテレ」を表に出していましたが、今回は「地デジ」を正式名称の一つとして切り替えたそうです。
地上デジタル推進大使は以下アナウンサー

走行中の地下鉄で地上デジタル放送を受信--テレビ局らが実験協議会

走行中の地下鉄で地上デジタル放送を受信--テレビ局らが実験協議会

フジテレビジョン、TBS、日本テレビ放送網、テレビ朝日、テレビ東京、NHKの在京キーテレビ局6局と東京都交通局が、地下鉄で地上デジタル放送の受信実験を行う「SFP(Subway Filling Project)実験協議会」を結成したと発表したそうです。

技術課題の解決をはかり、2006年春モバイル端末でのテレビ視聴を早期実現を目指すようです。

電池の寿命はまず置いといて、目指せ早期実現!

でも、携帯電話でテレビ視聴中にイヤホンから音が漏れると、新たな問題が出そうですね。逆にイヤホンビジネスがもっと伸びそう。

民放やNHK、関東で地上デジタルの放送地域拡大[日経]

民放やNHK、関東で地上デジタルの放送地域拡大[日経]

地上デジタル放送が、放送地域をいよいよ拡大です。
従来は都市部の都心のみが、いよいよ都市部でも見えるようになります。