フルスペックハイビジョン

ハイビジョン放送(HDTV)を忠実に再現できるテレビのこと。特に解像度が1920×1080画素のことを指す。別名フルHD、フルハイビジョンとも言われる。

fullhd_sony.jpg
fullhd_panasonic.jpg
fullhd_sharp.gif

次世代DVDであるBlu-rayの映像を忠実に再現するためにはフルスペックハイビジョン対応テレビが必要である。

ちなみに、地上デジタル放送やBSデジタル放送のハイビジョン放送は、1440×1080画素でフルスペックハイビジョンではない。しかし、広義の意味でハイビジョン放送と定義される。地上デジタル放送だけを楽しむ分には、フルスペックではなくともハイビジョン(1440×1080画素)対応で充分である。

そもそもハイビジョン映像は、画質を落とし圧縮して放送する方式MPEG-4を採用していることから、フルスペックハイビジョンにこだわる必要が無い、という意見もある。

フルスペックハイビジョンを楽天で検索する。
フルスペックハイビジョンをYahoo!で検索する。
フルスペックハイビジョンをAmazonで検索する。