CEATEC JAPAN 2005 薄型テレビ特集

家電メーカーの薄型テレビ戦争。CEATEC JAPAN 2005でも激しい火花を飛び散らしていました。

プラズマ陣営の松下、日立、パイオニアは、フルHD対応プラズマテレビを前面に、さらに次世代PDP開発センターもブースを出し、画質・応答速度・視野角・消費電力の面で、液晶よりも優位性をアピール。
プラズマは、画面の色によって消費電力が変わるそうです。暗い画面ほど、液晶より消費電力が少ないことをデモしてました。あと、液晶は黒が黒っぽくないのがつらいですね。(ごめんなさい液晶陣営さん、映画好きなもので)

一方、液晶陣営のシャープ、ソニーは、多数ラインナップを取り揃えて展示。シャープは応答速度改善、液晶の弱点を徐々に克服をアピール。プラズマを追い越す日も近い?65V型は大きかった。

---UnderThisSeparatorIsLatterHalf---

さらに、来年春に発売予定のSED陣営は、キヤノンと東芝が大々的なデモブースを作って良さをアピールしてました。SEDとプラズマと液晶を比較すると、応答速度や色の残像面でも、SEDが上であることが強調され、本当なのかな・・・?

リアプロ、ビクターもフルHD対応でがんばって展示してました。

それにしても、シャープAQUOS、松下VIERA、キヤノン・東芝SEDの最新機種を並べて比較したい!

パイオニア、世界最小50V型フルHDプラズマテレビ2006年春発売
http://1seg.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=262

松下、65V型・50V型フルHDプラズマテレビ
http://1seg.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=263

日立、試作55V型フルHDプラズマテレビ
http://1seg.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=261

ソニー、ソニーパネル採用のBRAVIA
http://1seg.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=264

東芝、燃料電池、VGA
http://1seg.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=267

シャープ、AQUOS65V型と応答速度の向上
http://1seg.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=268

キヤノンと東芝、SED
http://1seg.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=269

CNET
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20088407,00.htm