ニッポン放送社長「ポニーキャニオン株売却も」 敵対的買収へ対抗[産経]

ニッポン放送社長「ポニーキャニオン株売却も」 敵対的買収へ対抗[産経]

ニッポン放送、ポニーキャニオン株を手放し、ライブドア一人勝ちにさせないとどめを刺す。

この中で、上田泰・成蹊大教授が冷静な意見を述べています。
会社は株主のモノであるという考えに行き過ぎと。

3月13日サンデースクランブルでの板倉氏( http://www.yuichiro-itakura.com/archives/2005/03/13-1304.html )も似たコメントをしていた。
ライブドアはどのような価値を生み出したのか、村上ファンドはどのような価値を生み出したのか?という逆の視点も見逃せません。
株主というのは「お金は有るがアイディアの無い」人達。経営陣や従業員は「お金は無いがアイディアの有る」人達です。いずれも欠けては会社は成り立ちません。

従業員を置き去りにした戦いは、フジ、ライブドア共に勝てない戦いを繰り広げそうです。
株主が経営陣へ訴訟を起こせるなら、経営陣が株主へ訴訟も起こせるのだろうか?