YouTube、ワーナーミュージックと提携し動画配信

YouTube(ユーチューブ)は、ワーナーミュージックと提携を発表。

YouTubeは、なにかと著作権で問題になっていたが、今回ワーナーが権利を保有する音楽ビデオを無料で配信することになった。

この提携で「YouTubeのユーザーはビデオを投稿する際に 、Warnerの所有する楽曲を合法的に利用できるようになる。」(TechCrunch)

YouTubeの集客力を利用しようという試みですね。
著作権管理をなんとクリアにしていければ、今後も増えそう。
権利を持っている企業はチャンスですね。

YouTube, The Deal with Warner