gooリサーチ、動画共有サイト利用経験は3割、YouTubeの利用者は6割

国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」を共同で提供するNTTレゾナント株式会社と株式会社三菱総合研究所は「gooリサーチ」登録モニター及びgooユーザを対象に「第4回ブロードバンドコンテンツ利用実態調査」を実施しました。

有効回答者数40,717名のうち、30.7%が動画共有サイトの利用経験があり、未利用者における今後の利用意向は約3割を占めています。利用者のうち7割が動画共有サイトに満足しており、このような高い満足度が、未利用者を含めた利用の拡大につながっていくと予想されます。

動画共有サイトの利用経験者は約30.7%を占めており、YouTubeの利用者が多い。

動画共有サイトについて利用したことがあるユーザは30.7%にのぼる。男女年齢別では、男性および若年層ほど利用経験率が高い傾向が見られる。動画共有サイト利用者が実際に利用しているサイトとしては、YouTubeがもっとも多く、6割を占める。

時代は一方的なワンセグより、消費者主導の動画共有かな!?

1セグドット、動画・ビデオ共有サービス やってます
http://1seg.jp/modules/x_movie/

gooリサーチ、「第4回ブロードバンドコンテンツ利用実態調査」に関する調査結果
http://research.goo.ne.jp/Result/000339/