録画の新ルールの呼称「タビング10」に決定

総務省情報通信審議会で提案されたデジタル放送の録画の新ルールについて、JEITAは、新ルールの普及啓発を図るために適切かつ簡潔な呼称が必であるとの認識から、関係事業委員会およびコンテンツ保護検討委員会にて検討し、呼称を「コピー9回+ムーブ1回 (ダビング10)」に統一すると発表した。

・地上デジタルチューナー搭載HDD内蔵録画機(PC含む)が対象、HDD日等採録が機ではダビング10とはならず、従来どおりの動作となる。
・現行販売されている録画機はダビング10には対応していない。ダビング10に対応した危機と放送局の対応がそろって初めて可能になる。
・ダビング10で使用できるメディアはARIB技術資料で求められるコンテンツ保護法式(CPRM、AACSなど)に対応していることが必要です。
・HDD以外のメディア(DVD等)に直接録画した場合はダビング10とはならず、従来どおりの動作となる。
・ダビング10でも、ダビングしたものからさらにコピー(孫コピーを作成)することはできない。
・地デジ放送はダビング10とはなるが、デジタル放送全てがダビング10になるわけではない。

HDDではないとコピーできなかったり、孫コピーができなかったり、制約は多いですね。

利用者の視点から見るとビミョーな使い勝手。

利用の仕方によっては、録画させる機器をしっかり考えておかないと、コピーできない恐れもあります。

JEITA、ニュースリリース