東芝、ワンセグ搭載 gigabeat Vシリーズ発売

東芝もソニーと同時にコンパクトなワンセグ搭載gigabeatを発売!

東芝は、電波の受信状態が悪い環境でも、映像を補完して滑らかに表示する当社独自開発のワンセグ映像補正技術「トギレナイザーTM」を採用し、SDカードスロットを搭載した「gigabeat V41」3モデルを10月19日から発売する。

ワンセグ映像補正技術「トギレナイザーTM」を搭載し、電車に乗っているときなどワンセグ放送の電波が一時的に途切れたりするような受信状態が悪い環境でも、欠落したデータを補完処理して、ワンセグ映像を途切れにくくする。

本体質量約168gで従来比*3約2/3と軽量で片手でも持ちやすいコンパクトなボディを実現し、簡単に操作ができます。また、最大約26万色の再生が可能な高画質3.5型QVGA TFT液晶を搭載。

。内蔵の4GBフラッシュメモリには、ワンセグ番組なら約20時間、音楽なら約960曲の収録が可能。さらに、長時間使える大容量バッテリーを搭載しており、ワンセグ視聴なら約10時間、動画再生なら約13時間、音楽再生なら約40時間の連続視聴が可能。

画面は少し小さくなったけど、従来のHDDからフラッシュメモリに変わり、かなり軽量、コンパクトになった。

持ち運びが便利。

さらに映像補正技術「トギレナイザー」が、どんな性能なのか気になります。都市部でも受信感度の悪い地域があるので期待です。

gigabeat V41をAmazonで検索する。
gigabeat V41を楽天で検索する。
gigabeat V41をYahoo!で検索する。

ポータブルメディアプレーヤー「gigabeat(R) Vシリーズ」の新商品発売について