東映アニメーション、VOD配信事業、劇的拡大へ

東映アニメーションは、50周年記念事業として、本年8月より順次、自社で権利を保有する豊富なコンテンツを利用したケーブルテレビ、ADSL回線、光ファイバー経由のVOD配信を一挙に拡大し、いよいよ本格的なVODサービスに乗り出す。

サービス導入当初には、PC向け、STB(セットトップボックス)向けのVOD配信のサービス業者約15社と配信契約を締結、8月から11月にかけてVOD配信サービスを本格的に開始致します。サービスが本格化した時点での、本配信の視聴可能ユーザー数は、PCで数百万人、STBで約130万人に達します。またスタート時には各パートナーを通じてサービス開始のキャンペーンを行いますが、そのキャンペーンの到達可能ユーザー数は数千万人規模になります。

今期中の配信予定作品数は、テレビシリーズ゙作品、劇場映画作品合わせて約40タイトル、エピソード数では1200を超える見込みです。

当初予定している配信パートナーは、ソフトバンクグループの「BBTV」、J:COM(ジュピターVOD経由)の「J:COMオン デマンド」、NTTグループの「OCNシアター」、「4th MEDIA」、インデックス・グループ(ネオ・インデックス)の「Nextensive」、KDDIの「MOVIE SPLASH」、楽天の「楽天ダウンロード」ならびに楽天の動画事業提携先の「ビデックスJP」、などとなります。

サービス開始時の作品には「北斗の拳」、「スラムダンク」、「銀河鉄道999」「キャプテンハーロック」、「おジャ魔女どれみ」などの強力ラインナップを揃え、一挙にシェア拡大をねらいます。テレビシリーズだけでも168タイトル、9100エピソード、劇場映画で185作品を所有する当社ならではの人気作品を随時追加していく予定

VODビジネスも拡大。レンタルビデオ事業が縮小していきそうですね。
私も最近Yahoo!動画で視聴したりもします。
仮に行くのも面倒:-D
豊富なコンテンツが提供あれ、ますます活気がでてきそう

東映アニメーション、VOD配信事業、劇的拡大へ
http://www.toei-anim.co.jp/corporate/press/topic/press060808.html