地上デジタル放送完全移行まで残り1500日!2011年7月24日に終了

今日、2007年6月15日。

現行の地上アナログ放送が終わり、

地上デジタル放送へ完全移行する2011年7月24日まで、残り1500日となった。

一歩一歩着実に地上アナログ放送の死が近づいている。
家のテレビだけでなく、カーナビのテレビだって見えなくなる。
まだ4年後の話しですが、もう4年後の存在でもある。

地上デジタル放送対応テレビの世帯普及率は、平成18年3月時点の古い情報で15%。
(最近の情報が見つからない・・・)
スマップの草薙剛がCMに登場して認知度向上作戦中です。

地上デジタル放送対応の大画面薄型テレビ、液晶テレビとプラズマテレビの買い替え需要は高い!
我が家にもついに地デジ対応液晶テレビを導入済みです。

一気に広まるかと思いきやまだまだのようだ。
一部ニュースサイトで2011年目標の85%に届かないのではないかと危ぶまれている。
さらに、この完全移行をネタに詐欺も横行し始めた。

地方ローカル局が苦しい時期にたたされているとも聞く。
地上デジタル放送に対応するために設備投資が大きな負担なのだ。
ある意味、インターネット時代に、このままテレビ局が、今のままのテレビ局という仕組みを今後も維持し存続できるか非常に疑問だ。
東京MXテレビでは「Blog TV」という番組で、YouTubeを活用して新しい形を模索している。

私は2011年に間に合うと考えるが、甘いだろうか。
これだけ地上デジタル対応テレビ需要が高ければ、
価格の下落は必死だ。

みなさんの家は、大丈夫ですか。
我が家はいつ来ても大丈夫です。

社団法人デジタル放送推進協会
http://www.dpa.or.jp/

livedoor news、アナログ放送は2011年に終了できるのか?
http://news.livedoor.com/article/detail/3115413/