データスタジアム、ワンセグ放送向けの中継連動型のデータサービスを開始

プロスポーツチーム向けのデータ分析事業をはじめ、ポータルサイト、携帯電話、テレビ、雑誌新聞等の紙媒体にさまざまなスポーツデータ配信事業を行うデータスタジアム株式会社(代表取締役社長:森本美行、本社:東京都渋谷区 以下データスタジアム)は、ワンセグ放送に向けに、スポーツの試合中継とリアルタイムで連動したワンセグ対応のデータコンテンツとエンターテイメントコンテンツを開発致しました。
ワンセグ中継連動型コンテンツのサービス提供により、多くのスポーツファンに映像からだけでは見えない楽しみ方を提供し、視聴者の囲い込みにも貢献致します。

ワンセグ中継連動型コンテンツの概要は、大きく分けると3つのサービスから成り立っています。

【インタラクティブデータコンテンツ】
データスタジアムの持つ詳細なデータやアーカイブデータを視聴者が自分の興味に合わせて引き出すことが可能なサービスです。
(プロ野球の例)
・各球場毎、カウント毎、球種やコース毎の打率など、場面に応じた詳細なデータなど
・気になる選手のプロフィールや各種ランキングデータなど

【なるほどデータコンテンツ】
普通に試合を視聴しているだけでは気が付かないようなデータを、データ分析のプロフェッショナル集団データスタジアムから視聴者向けにプッシュ型で配信するサービスです。
(プロ野球の例)
・チームの得失点傾向や打者・投手の対戦成績を基に「過去のデータから見るとこのイニングが逆転のためのビッグイニングになる可能性が80%です!」などの未来予測系の情報
・過去のアーカイブデータを基に「○○選手はこの二塁打でなんとダイヤモンドを通算で500周分走ったことになります」等のトピックス

【データテイメントコンテンツ】
データを利用したエンターテイメントを示す造語です。データスタジアムならでは可能なデータを利用したインタラクティブなゲームコンテンツです。具体的には、プロ野球(Jリーグ)ファンタジーゲームやプロ野球(Jリーグ)ビンゴゲーム等です。

※各テレビ局の公式携帯サイト向けにも同様のサービスをご提供可能です。それによって1セグ放送を行っていなくても中継映像を見ながらデータ放送さながらの楽しみ方が可能になり、視聴者の囲い込み、新たな収益の可能性に貢献致します。

データスタジアムは、今後も多くのスポーツファンに向けたユニークな情報をクリエイトし、ご提供していきます。

■データスタジアムについて
データスタジアムは、野球・サッカーを中心としたプロスポーツの詳細データを記録・分析し、各種メディアやプロチームにそのデータを提供している、国内で唯一といって良いスポーツ・コンテンツ・プロバイダーです。
最近ではスポーツの映像コンテンツもサービス内容に加え、独自のコンテンツとニューメディア向け配信のソリューションを併せ持つスポーツ・コンテンツ・プロバイダーとして成長を続けております。

----------------------------
■データスタジアム株式会社 会社概要
----------------------------
社名: データスタジアム株式会社
本社所在地: 〒150-0031東京都渋谷区桜丘町31番15号 住友生命渋谷ビル5階
設立: 2001年4月
資本金: 6億8,190万5千円(2005年5月現在)
代表者: 代表取締役社長 森本 美行
事業内容:
○ポータルサイト、携帯端末向けスポーツデータ配信事業
○新聞社向けスポーツデータ配信事業
○デジタル放送向けスポーツデータ配信事業
○雑誌等メディア向けスポーツ分析データ提供事業
○プロチーム、プロ選手向け分析データ事業
○エンターテイメントコンテンツ向けスポーツデータ配信事業
○その他野球サッカーを中心にしたスポーツデータ関連事業
(ブロードバンド向けコンテンツ開発、プレーデータを元にチーム、選手のパフォーマンス向上のための教育コンテンツ企画、制作等)
URL: http://www.datastadium.co.jp/