シャープ亀山第2工場が生産稼動

シャープ亀山第2工場は、今年8月よりマザーガラスの投入を順次開始します。そして、当第2工場で生産された液晶パネル搭載の大型液晶テレビは、この9月より世界に向け生産を開始。

当亀山第2工場では、30型クラスの生産に適した第1工場で生産の第6世代マザーガラス(1,500×1,800mm)に対し、面積が約2倍、世界最大の第8世代マザーガラス(2,160×2,460mm)を採用し、50型、40型クラスのテレビ向けパネルの高効率生産が可能。また、従来にない新しい生産プロセスや、工場内高密度レイアウト設計の導入により、生産リードタイムの半減が可能で、こうした独自の「オンリーワン生産技術の革新」により、第1工場に比べ約2倍の投資生産性(45型換算比)を実現した。加えて、液晶モジュールを構成する主要部材についても、部材メーカーと設計段階から新規開発を推し進め、性能の向上とコスト競争力の強化に努める。

さらに、大規模な地震の衝撃を吸収する“制震ダンパー”の導入や、落雷など瞬間的な電圧低下による生産設備への影響を未然に防止するシステムなど、自然災害による影響を最小限にとどめ、24時間安定した生産体制を構築する。
また、生活用水までを含めた水リサイクルシステムや、屋上全面に設置する大規模太陽光発電システム、燃料電池、コ・ジェネレーションシステムなど異種電源一体化によるエネルギー供給体制の構築により、工場で使用する総電力量の約3分の1をまかなうなど、環境の21世紀にふさわしい“未来工場”を目指す。

シャープ、シャープ亀山第2工場が生産稼動
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/060801-b.html