アナログテレビの買取に2万円、公明党

公明党は、地上デジタル放送の2011年7月24日完全移行を促進するために、アナログテレビを国が1台2万円で買取る案をまとめた。追加景気対策として盛り込む。

2010年3月までに2000万台の買取を目指す。

実現するかどうかは不透明。

完全移行の2011年7月24日まで3年をきった。

電機業界と家電量販店の景気を支援する政策として不公平感があります。しかし、地上デジタル放送の完全移行を目指す国としては、支援策は必要でしょう。
ただし、アナログテレビ買取は疑問。アメリカはチューナーの購入を支援するクーポンを配布しています。日本もアナログテレビに地上デジタルチューナーをつければ受信できます。もっと安い予算で普及を促すことはできるはずです。具体的な施策は書かれていませんが、買い取るにしても本当に地上デジタル放送を受信できない家庭に絞りたいですね。

地デジ完全移行 カウントダウン