企業

NTTドコモ、日本テレビ放送網株式会社と業務提携について合意

NTTドコモは、日本テレビ放送網株式会社と携帯電話とテレビ番組を連携させた新たなサービスなどを共同で検討することを中心とした業務提携について、2月9日合意した。
携帯電話での展開を視野に入れたテレビ番組などの優良なコンテンツへの投資および製作を行う有限責任事業組合(以下LLP)を共同で設立する予定。

三洋電機、有機EL事業からの撤退

三洋電機は1月31日、3か年の構造改革「SANYO EVOLUTION PROJECT」、有機EL事業からの撤退と、エスケイ・ディスプレイの解散を表明した

有機ELは、1999年より、米国コダック社と共同で、開発ならびに事業の立ち上げに取り組んでいたが、中期経営計画に基づく事業の選択と集中の結果、三洋電機の強みを生かしたコア事業へのより一層の集中を推進するため、当該事業からの撤退および有機ELディスプレイの製造・販売を行う株式会社エスケイ・ディスプレイを解散することを決定した。

ソニーとサムスン、液晶新工場建設へ3000億円投資

ソニーは韓国サムスン電子と共同で薄型テレビの中核部品である液晶パネルの第2工場を新設する方向で交渉に入る。「第8世代」と呼ぶ最新鋭ラインを軸に検討、2007年中の稼働を目指す。総投資額は約3000億円になる見込み。日経より。

シャープの第8世代工場は、建物、生産設備を含む設備投資額は約1,500億円で、2006年10月の生産稼動を予定している。

ブラビアを楽天で検索する。
ブラビアをYahoo!で検索する。
ブラビアをAmazonで検索する。

ディズニー、ピクサーを買収

Disneyは、Pixar Animation Studiosを74億ドル相当の株式交換で買収すると発表した。Steve JobsはDisneyの取締役に就任。

個人的にはピクサー大好き。
吉とでるか凶とでるか、アニメーション作品に期待ですね。

ライブドア堀江社長含め4名逮捕

23日夜、ライブドア堀江社長ら4名が、証券取引法違反(偽計取引、風説の流布)容疑で逮捕された。
逮捕されたのは、ライブドア社長の堀江貴文容疑者、ナンバー2取締役の宮内亮治容疑者、ライブドアマーケティング社長の岡本文人容疑者、ライブドアファイナンス社長の中村長也容疑者。

さらに、東京証券取引所は、1月23日付けでライブドア株とライブドアマーケティング株を監理ポストに割り当てると発表

サイバード・日テレが新会社 携帯で動画ニュース

日本テレビ放送網とサイバードは、携帯電話向けに新聞の「朝刊」のような形で動画付きニュースが毎朝届く試験サービスをスタートする。日テレ系列局で取材したニュースをまとめて配信する事業会社を設立した。

新会社は、「サイバードモバイルキャスティング」。インターネット関連事業を手がける日本テレビ子会社のフォアキャスト・コミュニケーションズとサイバードが設立した。資本金は5000万円で、フォアキャストが20%、サイバードが80%を出資する。
フジサンケイビジネスアイより

シャープ、液晶工場に2000億円追加投資、ワンセグ対応ケータイ春発売

シャープの町田勝彦社長は11日、東京都千代田区の赤坂プリンスホテルで会見し、三重県の亀山工場に約2000億円を投じ、新液晶パネル工場を建設。
現状の約4倍にあたる年間2000万台(32インチ型換算)に高める。

さらに春にも、AQUOSで培った液晶技術と映像技術を応用して、ワンセグ対応携帯電話を発売する。

松下電器、1800億円投資し世界最大のPDP工場建設

松下電器と東レは、プラズマディスプレイパネルの新たな生産拠点として、両社の合弁会社である松下プラズマディスプレイ株式会社の第4工場を、第3工場(尼崎工場)の隣接地(同敷地内)に建設し、世界最大の量産体制を構築する。
新工場は、投資額が1800億円で、月産50万台、年産で600万台(42型換算)に上る世界最大の量産工場となり、第1工場比で4倍以上の投資効率となります。2006年5月に着工、2007年度7月に第一期の稼動を開始し、2008年度中のフル稼働を予定。

NTTドコモ、ワンセグで株式会社フジテレビジョンの株式を取得

NTTドコモはフジテレビジョンに約3%資本参加し、業務提携することで合意。2006年1月11日にフジテレビが保有する自己株式をドコモが207億1300万円で取得する。

ドコモとフジテレビは、これまでも通信と放送の連携に関する今後の可能性などについて、様々な意見交換を行っており、また、2006年4月1日から地上デジタルテレビ携帯・移動体向けサービス「ワンセグ」が開始されるなど通信と放送の距離がますます近づきつつある。

電通「2005年の話題・注目商品」の2006年ヒット予測にワンセグ

電通が2005年の話題・注目の商品を発表。キーワードは「消費快盛」。
毎年恒例の2005年の「話題・注目商品」として、同年11月に実施したインターネット調査に基づく「消費者が選ぶ今年の話題・注目商品ベスト10」を発表。1位は携帯型デジタルオーディオプレーヤー。

この中で、消費トレンド②:連にて、2006年ヒット予報に「ワンセグ(携帯機器向けデジタルテレビ放送)」を掲載されていました。

テレビCMの大半を握っている大手広告代理店にしてみれば、消費者のテレビ視聴時間が増え、テレビCMの露出が増えるワンセグは、大変美味しそう。水面下でテレビ局と色々動いているんだろうなぁ