家電・IT

パイオニア、世界初50V型フルHDプラズマモニターPDP-5000EX を新発売

パイオニアは、フルHD解像度「1920×1080」を有した世界初の50V型プラズマモニター「PDP-5000EX」を6月上旬に発売する。希望小売価格は1,050,000円(税込み)
50V型で世界初のフルHDプラズマディスプレイを実現となる。

発光効率と放電速度を飛躍的に高めた「高純度クリスタル層」を独自に開発。同時に、「ダイレクトカラーフィルター」「フレックスCLEAR駆動法」等、パイオニアが長年にわたり蓄積してきた高画質技術の集大成として結実させた。

やっとリビングに入りそうなサイズのプラズマテレビが出ましたね。
松下の65V型はでかすぎ。
松下の65V型が実売100万円を切っているので、50V型がいくらで落ち着くか楽しみです。

パイオニア、世界初50V型フルHDプラズマモニターを新発売

シャープ、インターネットAQUOS(アクオス)”を発売

シャープは、デジタルハイビジョン放送を高画質で視聴でき、リモコンだけでインターネットやブロードバンド放送も簡単に楽しめる “インターネットAQUOS” を5月下旬に発売する。

AQUOSで初めてパソコン機能を融合させ、高画質でハイビジョン放送が視聴できるのはもちろん、リモコン操作で視聴中のテレビ番組のホームページ※2をすばやく表示し、番組に関連した商品をその場でインターネット購入できる。
また、パソコン部内蔵の約500GBハードディスクにハイビジョン放送をまるごと録画※3できるほか、デジタルカメラで撮影した写真データや、インターネットからダウンロードした音楽データをたっぷり保存でき、いつでもAQUOSの高画質・高音質で楽しめる。

主な特長

松下、世界最大103型のプラズマテレビ発売

読売新聞によると、松下電器(パナソニック)は年末に103型のプラズマテレビを発売する。

現時点で世界最大だ。

パナソニック VIERAをAmazonで検索する。
パナソニック VIERAを楽天で検索する。
パナソニック VIERAをYahoo!で検索する。

プラズマテレビ/液晶テレビ 「VIERA(ビエラ)
http://viera.jp/index.html

松下、世界最大「103v型フルHDプラズマディスプレイパネル」を開発 - 1セグドット
http://1seg.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=341

ワンセグ効果ここにも? 勢い加速するポータブルDVDプレーヤー

「BCNランキング」4月第1週(4月3日-4月9日)のデータをもとに最近のポータブルDVDプレーヤーの売れ筋動向だそうです。

松下のワンセグ放送受信ポータブルDVDプレーヤー「DVD-LX97-S」が、3月発売されたばかりの新機種で売れ行きが好調。発売して1か月もたたない時点ですでに4.6%のシェアを獲得し、8位にランクイン。7万円-8万円台と高価ながら競合機種がないため。

三洋電機、ワンセグ内蔵ポータブルHDDナビゲーション「HD・ゴリラ」を発売

三洋電機は、ゴーストの発生や画像のブレが無く、安定した画像が再現できるワンセグに対応したカーナビを2006年4月20日に発売する。メーカー希望小売価格は220,500円。

急加速や急減速、長すぎるアイドリング時間、エコ速度超過を検知するとチャイムとポップアップ画面で知らせるエコドライブ機能も搭載。

SANYO ゴリラを楽天で検索する。
SANYO ゴリラをYahoo!で検索する。
SANYO ゴリラをAmazonで検索する。

三洋電機、世界初ワンセグ内蔵 「ポータブルHDDナビゲーション」を発売
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0603news-j/0323-2.html

キヤノンと東芝、SEDの発売が2007年末へ延期

株式会社東芝とキヤノン株式会社は、次世代薄型ディスプレイ「SED」の量産第一段階としての生産開始を2007年7月とし、同SED搭載テレビの発売を2007年第4四半期とすると発表した。

SED搭載テレビの販売ターゲットを、2008年の北京オリンピック商戦と定め、商品投入を進めるそうです。

がっかり。期待していたのに。
シェア拡大は厳しくなってきましたね。

東芝 SEDの発売時期等について
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2006_03/pr_j0801.htm

キヤノン SEDの発売時期等について
http://web.canon.jp/pressrelease/2006/sed0308.html?jp=sed

毎日、「SED」発売時期が大幅に遅れる

キヤノンと東芝共同開発のSEDの発売時期が大幅に遅れている。

今年春発売予定だったが、年内発売も無理かもしれないらしい。

「低コストでの量産技術の確立に時間がかかっている」そうです。ここ最近の液晶・プラズマの低価格化競争に勝ち抜く準備をしているらしい。毎日新聞。

でも、状況を考えると、多少高くても発売しておいたほうがいいんじゃないかな。

前評判は高いのだから、その波に乗って発売、メディアは取り上げてくれる。価格競争力もそうだけど、存在感を示しておかないとヤバイかも。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060228-00000068-mai-bus_all

シャープ、亀山第1工場の大型液晶パネル生産ラインを増強

シャープは、大型液晶テレビの世界的な需要拡大に対応するため、亀山第1工場の液晶パネル生産ラインに、今回150億円をあらたに投資し、大型液晶パネルの供給体制を拡充する。

液晶テレビの世界需要を2005年度2000万台、2006年度は1.8倍の3,600万台と飛躍的に拡大すると予想。旺盛な需要増に対応すべく、このたび、亀山第1工場の大型液晶パネル生産ラインに、150億円を投資し、生産設備の増強と生産効率の向上により、マザーガラスの投入能力を現状の月51,000枚から、約1.2倍の月60,000枚に高める。

<マザーガラス投入能力>

 現状:月51,000枚 → 増強後:月60,000枚

<投資額>

 150億円

<導入時期>

 2006年3月

シャープ AQUOSを楽天で検索する。
シャープ AQUOSをYahoo!で検索する。

東芝、薄型テレビ 新ブランド「REGZA(レグザ)」の展開

東芝は、新たに薄型テレビの世界統一ブランドとして「REGZA(レグザ)」を発表。「H1000」、「C1000」シリーズ計6機種を商品化し、本年3月1日より順次発売する。

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビの新商品として、デジタル映像処理システム「メタブレイン・プロ」を搭載し、高画質を追求するとともに、高級感ある黒色を基調とし、余分な装飾を取り除いた「ミニマルデザイン」を採用。

BCN、液晶はソニーが躍進、プラズマは依然松下の独壇場、好調続く薄型テレビ

BCNランキングによると、「液晶テレビ」や「プラズマテレビ」といった薄型テレビは去年秋から引き続き好調な売れ行きを示しているそうです。

液晶テレビでは、大画面ではプラズマテレビに負けているが、38V型以上でも徐々に伸び始めている。38V型以上ではソニーがシャープを上回る。また37V型以下でもソニーが伸びている。

一方プラズマテレビは、松下電器の一人勝ち。37V型以下では70%台。38V型以上でも2位のパイオニアの2倍以上ある。