ブログ

ソニー、ワンセグ搭載のウォークマン最上位機種 Xシリーズ発売

ソニーは、当社独自のフルデジタルアンプ“S-Master”をはじめとする6種類のデジタルクリアオーディオテクノロジーを搭載し、3.0型ワイド有機 ELディスプレイを採用することで高音質・高画質を実現した“ウォークマン”NW-X1000シリーズ2機種を4月25日に発売する。価格はオープンプライス。

今回発売する“ウォークマン”NW-X1000シリーズ『NW-X1060』『NW-X1050』は、フルデジタルアンプ、デジタルノイズキャンセリング機能などの高音質技術を搭載することで原音に近いクリアなサウンドを実現した。

BMW、地デジ対応テレビ搭載のフラグシップ7シリーズがフルモデルチェンジ

BMW、フラッグシップ・モデル「ニューBMW 7 シリーズ」を発表、全国のBMW 正規ディーラーで発売を開始すると発表した。価格は1,010~1,330万円。

BMW初の地上デジタル・ワンセグ放送・チューナーを搭載したテレビや、日本専用開発のナビゲーション・システムを採用した。

第5 世代となるニューBMW 7 シリーズでは、より少ないエネルギーで、より高い性能を実現するEfficientDynamics(エフィシェント・ダイナミクス)の具現化を実現している。高精度ダイレクト・インジェクション・システムにツイン・ターボを組み合わせ、従来モデルより動力性能を高めながらも、優れた燃費性能を実現。さらに2010年には、BMW初のハイブリッド・モデルであるBMW ActiveHybrid(アクティブ・ハイブリッド)を日本市場に導入する。

アナログテレビの買取に2万円、公明党

公明党は、地上デジタル放送の2011年7月24日完全移行を促進するために、アナログテレビを国が1台2万円で買取る案をまとめた。追加景気対策として盛り込む。

2010年3月までに2000万台の買取を目指す。

実現するかどうかは不透明。

完全移行の2011年7月24日まで3年をきった。

電機業界と家電量販店の景気を支援する政策として不公平感があります。しかし、地上デジタル放送の完全移行を目指す国としては、支援策は必要でしょう。

イオン、5万円を切った32型液晶テレビ発売!サムスン製パネル使用

イオンは、液晶パネル製造において世界最大のシェアを誇る韓国の「サムスン電子」製32型液晶パネルを使用したDVDプレーヤー内蔵地上デジタルハイビジョン液晶テレビを2月20日(金)より、49,800円にて、グループ336店舗で販売する。昨秋来の円高ウオン安により市場価格と比べ格段に安く納入することに成功した。

アメリカ、地デジ移行延長法案が成立

2月11日、オバマ米大統領は上下両院で可決した地デジ移行法案に署名し、法案が成立した。完全移行は6月12日、約4カ月遅れる。

アメリカでは、地上デジタルチューナーの購入を促進するため、政府がクーポンを発行していた。当初想定していた以上の需要があり、予算がオーバーして、クーポンの配布が間に合っていなかった。

アメリカでは混乱しているようですね。テレビ局ではカウントダウンのイベントをしていたところもあったようですが、2月17日終了直前で延期が決定しました。
この景気予感で、4ヶ月伸ばしたところでも焼け石に水。でなければいいのですが。両方運営しないといけないテレビ局も大変です。アナログからデジタルに変えさせられる視聴者も大変です。

パイオニア、プラズマテレビ事業から撤退

パイオニアは、平成21年2月21日の取締役会において、プラズマディスプレイパネル生産から撤退すること決議し発表した。

ディスプレイ事業は、このままでは損益改善が見込めないと結論に達し、撤退を決断した。現在販売している商品を最後として、今後自社開発を中止し、2010年3月までに撤退する。

パナソニック、防水ワンセグテレビSV-ME750/ME700発売

ポータブルワンセグテレビ ビエラ・ワンセグ SV-ME750/ME700を2月20日より発売する。

ポータブルAV機器でニーズの高いワンセグ放送視聴が、室内/室外はもちろんお風呂やキッチンなどでも楽しめる防水仕様(JIS保護等級IPX6/IPX7相当)のポータブルワンセグテレビ。

アメリカ、下院で地デジ移行延期法案が否決。

アメリカの下院は、2月17日に完全移行する予定だったを地上デジタル放送を4ヶ月延期する法案を否決しました。

下院は258対168で賛成が反対を上回ったが、共和党員が反対にまわったため、法案を修正なしで法案を可決できる3分の2の賛成は得られなかった。

上院で可決後、下院では否決されたそうです。

修正なしで可決できる3分の2が得られなかったとありますが、この後どうなるんでしょうか・・・?

http://news.yahoo.com/s/afp/20090128/pl_afp/ustelevisionobamacongress

アメリカの地上デジタル放送の移行、4ヶ月延期

アメリカは、今年2月17日に予定していた地上デジタル放送の完全移行を、6月12日の4ヶ月延期するよう法案が上院で可決しました。

サブプライムローン崩壊をきっかけに、景気悪化の影響を受けて、アメリカでも地上デジタル放送対応テレビの普及が遅れているようです。

ニールセンの調査によると、移行が延期されないなら、アナログテレビに頼る650万以上の米家庭のテレビが暗くなると見積もっていた。

当初アメリカは、2006年に移行を予定していた。

アナログからデジタルへ変換する機器を購入するのに支給された40ドルのクーポンが、不足しているようです。政府はさらに約260万のクーポン発行を要請した。

プラズマテレビは叩いて修理する。

大枚をはたいて買ったプラズマテレビの写りが悪い人、この修理人を紹介します。

腕はピカイチです。

ただし、技術的には説明がつきませんが。

職人芸です。しかも、かなりの使い手。

どう内部構造を理解したのでしょうか。愚問でした。

くれぐれも真似しないように。